うつ夫とパニコの雨のち晴れ。

これは、過去にうつ病になった夫とパニック障害になった妻の物語。その経験から学んだ心のあり方や日常のあれこれを、ゆる~い手描きイラストと共に綴ります。

カテゴリ: うつ病・パニック障害

パニコにとって、うつ夫と出会ったことも人生の大きな転機だったと思う。うつ夫は、パニコがそれまで出会ったことのある誰とも違っていた。何と表現していいのか分からないが、パニコが「普通だったらこうする」と思うことは、一切当てはまらないのがうつ夫なのだ(汗)そも ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

不安。それは、突然やってくるものすごいエネルギーである。パニコはこれを「妖怪ふ~あん」と呼んでいる。パニック障害が治ったからと言って、不安にならないかと言えば,、決してそうではない。やはり、「妖怪ふ~あん」は度々パニコの側に現れ、心を支配しようとするのだっ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

パニコが、パニック障害を早い段階で克服することができたのは、まさに「呼吸法」のお陰である。とはいえ、それまで何となくヨガをやっていて、何となく呼吸法を知っていた、というくらいで、特別に呼吸を大切にしていたと言う訳ではない。しかし、呼吸が心の安定につながる ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

少し、パニコの過去の話をしたいと思う。パニコがパニック障害になったのは、20代半ばの頃であった。当時、パニコは(柄にもなく)ダンサーとして仕事をしていた。そう、華やかな世界を夢見る若者だったのだ(笑)しかし、パニコの性格は決して華やかではなく、むしろ引っ込 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「私は何をそんなに急いでいるのだろう?」ふと、そんなことを思う時がある。何か時間に追われている時は言うまでもないが、とりわけ急ぐ理由が無い時でさえ、 なぜか、心が急いでいることがある。道を歩けば、周りの人に負けじと足を急がせ、レジに行列ができていれば、何と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人生には、色んなことがある。 生きていれば、良いことも悪いこともあるものだ。晴れの日も、雨の日もあるように。それなのに、私たち人は、良い時の自分ばかり求めて、不調の時の自分を認めることができない。「こんなはずじゃなかった…」「自分はなんて不幸なんだろう… ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ